妊活にハーブティーをおすすめする理由

d418we5d

妊活を始めたもののなかなか赤ちゃんを授かることができない、自分なりに色々調べて、体質を改善するために頑張っているのに思うように効果がでられず、むしろ落ち込んだりストレスが溜まってしまうという方も多いのではないでしょうか?

 

ストレスは些細なことでも慢性化してしまうと、ホルモンバランスが乱れる原因になってしまいますし、女性ホルモンが減少して、生理不順や無排卵を引き起こしてしまうこともあります。

妊活を頑張りたいけど、あれこれ頑張ることがつらくなってしまった、フルで働いているため、一気にいろんなことを試す時間がそもそも取れない、もしくは少しずつ簡単なことから始めたいという方にぴったりな、リラックス効果も得られる妊活方法の一つを紹介したいと思います。

 

 

それはハーブティーです。ハーブティーは体だけでなく、心のリラックスにも効果的ですが、種類も豊富です。なので、今回は妊活に特に効果的なハーブティーを厳選して紹介していきたいと思います。

ストレスの緩和におすすめ!ビタミン類を豊富に含むローズヒップティー

s1s5s5

ローズヒップは、ほんのり赤みがある色が特徴的で、味はやや酸味があります。

ビタミンCがレモンよりも豊富に含まれており、女性が不足しやすい鉄分にいたっては、鉄分を含む食材として定番のほうれん草の2倍近くも含んでいます。また、ビタミンCだけでなく、イライラの解消に効果的な成分であるカルシウムも多く含むほか、リコピンも含まれており、、他にも老化を防ぐのにも効果的なローズヒップオイルのエキスが抽出されるため、ストレスフルで肌が荒れてしまいがちな人や生活習慣の乱れが気になる人にもオススメなハーブティーです。
参考:妊活 ハーブティー

妊活の効果が期待できる点としては、体温維持の効果や、貧血予防にも効果があるところです。女性は月経期間に血液を多く失うため、どうしても、貧血になりやすいですし、低体温症や冷え性に悩んでいる人も多いと思います。そんなときに気軽に鉄分を摂取出来るところもおすすめです。また、ストレスが原因で、血液の流れが悪くなったり、ホルモンバランスが乱れると、排卵がうまくいかなかったりすることもあるので、ストレスを軽減したい人はローズヒップを試してみてもいいと思います。

とにかく体の冷えが気になる!という方にはジンジャーティー

dsw4d

ジンジャーはその名の通りしょうがで、やや辛味のあるハーブティーです。ジンジャーは発汗作用があり、体温を上昇させるだけでなく保温効果にも優れています。

女性特有の悩みといってもいいほど、冷え性で悩んでいる方は多いと思います。また、月経期には血液が不足しがちなので、冷え性でない人も体が冷えやすい状態になっています。体が冷えていると、生殖器に十分な血液が送られなくなるために、月経不順や無排卵を招くこともあります。なので、妊活には冷えの改善が不可欠とも言えます。

また、体が冷えていると、栄養を摂取しても吸収しにくく、消化も悪くなっています。そんな方はジンジャーティーを飲むことで、胸のいらつきや胃もたれの解消にも効果的です。

手足の冷えだけでなく、内臓の冷えは妊活の妨げになるので、とにかく冷えから体を守りたい方はジンジャーティーがおすすめです。

妊活の定番!摂取したい成分が満点のルイボスティー

dssw4d8

妊活といえばルイボスティー!という女性も多いと思います。妊娠された方のブログを見ていてもみなさんほとんど、妊活の一つとしてルイボスティーを飲んでいたという人が多かったと思います。ルイボスは南アフリカでしか採取できず、先住民の間では不老長寿のお茶と言われるほど栄養価の高いハーブです。

カフェインを含まないので、体にやさしく、ビタミンCやカルシウム、ミネラルが豊富に含まれています。

また抗酸化作用の働きで、ストレスが原因で増える活性酸素を取り払う効果を持つフラボノイドも豊富です。

ルイボスは毒素を排出するので、美肌効果もあり、腸内も活発になるため、便秘に悩んでいる人に効果的です。

 

ストレスはで増える活性酸素は体の不調の原因になり、

卵巣にも悪影響を与えます。なので、活性酸素を除去し、体の表面だけではなく、内側から改善したい人にルイボスティーはとてもおすすめです。

 

 

ハーブティーには色んな種類があるので、毎日飲んでいても飽きないのが利点だと思います。

しかし逆に、色んなハーブティーの効能を一気に取り入れたいと言う方は様々なハーブティーがブレンドされたオーガニックハーブティーもおすすめなので、是非試してみて下さいね。